白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

エリア・地域

弥治郎こけし村

雛の宴展

今年でオープンから20周年を迎える弥治郎こけし村。

毎年こけしコンクールにおいて、数々の賞を受賞しているベテラン工人5名と、
2名のお弟子さんがこのこけし村の工房で作業を行っています。

こけしの種類は、東北6県10系統あり、ここ弥治郎こけしの特徴は、
ベレー帽をかぶったような大きな頭と、ろくろ模様が多用された胴体です。

「弥治郎地区は、こけしの産地としては一番暖かい気候で、みんなおだやかな顔をしているんです」
と工人の新山真由美(にいやままゆみ)さん。こけしを手にとると、その土地の風景が浮かぶのだとか。


こけしと言えばこれ!というイメージのものから一風変わったものまで、
ひとつとして同じものがない、手作りならではの温かみが魅力です。

そんな弥治郎こけしは、国内はもちろん海外でも人気で、
一昨年にはパリのルーブル美術館で実演を行ったほど!
海外でも認められた弥治郎こけしを、みなさんも一度手にとってみてはいかがでしょうか。

現在弥治郎こけし村では、「雛の宴展」開催中で、遠刈田・作並・鳴子・津軽など、
全国の各系統工人の作品も展示されています。表情豊かで愛らしいひな人形たちがお出迎えしてくれますよ♪

雛の宴展は3月3日(月)まで開催中です。

最後にこの道34年の大ベテランである、新山吉紀(にいやまよしのり)さんのこけし作りの様子を一枚。
真剣なまなざしです!
弥治郎こけし村
住所白石市福岡八宮字弥治郎北72-1
TEL0224-26-3993
開村時間4月〜10月9:00〜17:00
11月〜3月9:00〜16:00
休村日毎週水曜日(祝祭日の場合は、翌平日)
雛の宴展開催期間中は休村日なし
駐車場あり
入場料無料
備考絵づけ体験 600円

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る