白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

エリア・地域

みやぎ・しろいしフィルムコミッション

みやぎ・しろいしフィルムコミッションは、
映画やドラマ、CMなど映像作品のロケを白石に誘致し、
撮影がスムーズに行われるための支援をしています!

※今回お話を伺ったみやぎ・しろいしFCの小野祐子さん(左)と梅澤綾子さん(右)

映画やドラマの舞台が白石だったら、ちょっとうれしくありませんか?
また、それをきっかけにたくさんの人が白石に興味を持ってくれるかもしれません。
昨年放送のドラマ『あまちゃん』の舞台、岩手県久慈市が新たな観光名所になったのは記憶に新しいところ。
ロケの誘致は、地元の文化や観光を活性化させるんです。

また、「映画の撮影隊は100名以上になることもあります。100名が数週間白石でロケを行うと、宿泊や飲食をはじめ大きな直接経済効果が期待できます」とスタッフの小野祐子さん。街の活性化もFC(フィルムコミッション)の大きな役割です。

みやぎ・しろいしFCは二年前の設立以来、多くの撮影支援を行ってきました。
「なかでも印象に残っているのは映画『100回泣くこと』です」
この関ジャニ∞の大倉忠義さんと桐谷美玲さんの泣けるラブストーリーは「FCを設立して最初の支援作品ということで思い入れもあり、映像で自分の街を感じることが出来る忘れられない作品になりました」
昔ながらの佇まいから近代的な建物まであるのが白石市の魅力のひとつ。
「今後は、映画はもちろん、長期間の撮影が期待できる連続ドラマの誘致や、ロケ地巡りツアーも企画中です」
ロケには地元の協力が必要です。みんなで応援しよう!

1日映画館 「白石座」

映画館のない白石ですが、大きなスクリーンで臨場感溢れる映画鑑賞を楽しんでもらうために
一日だけの映画館『しろいし座』を白石市情報センターアテネにて定期的に開催しています。
2014年3月の上映予定
しろいし座特別上映会『波伝谷に生きる人々』
上映作品『波伝谷(はでんや)に生きる人々 第1部』
上映時間134分
日時3月6日(木)
開場17時/開演18時
会場白石市情報センターアテネ
定員50名(先着順)
入場料無料(事前申し込み:不要)
南三陸の小さな漁村『波伝谷』。震災前のこの地に生きる人びとの日常を追ったドキュメンタリー。白石市在住の我妻和樹監督が5年半の歳月を費やして完成。
※当日は我妻監督の舞台挨拶があります
第5回しろいし座『96時間』
上映作品『96時間』
上映時間93分
日時3月13日(木)
開場17時/開演18時
会場白石市情報センターアテネ
定員50名(先着順)
入場料無料(事前申し込み:不要)
リュック・ベッソン製作・脚本、名優リーアム・ニーソン主演の本格サスペンス・アクション!

しろいしフィルムコミッションに関する情報は下記ウェブサイトなどでチェックできます

みやぎ・しろいしフィルムコミッション
TEL0224-22-1321(白石市役所 商工観光課内)
ウェブサイト他 ウェブサイト
Facebook
Twitter

←カテゴリーに戻る