白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

カルチャー・教養

たくさんの人が交流できる場
「あしたば白石」

生涯学習施設へ、ねえさんとわかちゃんが行ってきました〜!

あしたば白石とは、能舞台がある碧水園から少し進んだ小高い丘にあります。以前は働く婦人の家と言っていました。働く婦人の家としては、昭和50年の4月に開館というから、なかなかの歴史があります。利用者からのアンケート公募で決まった名称、「あしたば白石」としての活動は平成11年〜になります。
たくさんの講座や自主サークルが毎日入れ替わりで行われています。講座はあしたば白石の方々が企画しており、以前は一年通しての講座だった為、お休みしてしまったり途中でやめてしまう方々が出てきたので現在は春(5〜7月)秋(9〜12月)と短期に変更したそうです。

分野は料理・運動・英会話・生け花・着付けなど多様で、講座によって、昼の部夜の部に分かれています。昼の部は託児を無料で行います。(※1歳以上のお子様で、事前に申込みが必要です)
参加される方々は中・高年層の奥様方が多いようですが、特に人気のあった「ピラティス」や「セルフコンディショニング」は20〜30代の女性が多く、定員人数に対して倍以上の応募があり、キャンセル待ちが出た程だったとか(+0+)
移動講座(日帰りお出掛け)も人気だったようで、小十郎ブームの時に開講された「片倉小十郎講座」、また「歴史移動講座」は名取方面からの参加者もいたようです。好きな人はチェックが鋭いですねぇ〜。

講座の募集は主に「広報しろいし」に掲載したり、折込みに入れたりしているようです。
申込み方法はあしたば白石に直接ご来館かお電話になるので超人気講座は受付初日の電話が鳴りっぱなしの事も!!(@−@)
それ位すごい人気なので、電話が繋がったけど、残念ながら受付終了後だったという方からは「自分達の知り合いを優先して、すぐに締め切ったんじゃないの?!」というお声も頂いたようですが、きちんと公平性を保つ為に、受付時間前の電話は取らないようにしており、さらに
〇毎回受講できる方(白石市外でもOK)
〇申込多数の場合、前年度受講していない方を優先
としているそうです。
この他、一回だけの講座もありまして、じ・つ・は・・・・
昨年12月によっしーとねえさんが行った「楽しいクリスマスケーキ教室」がそうなんですぅ〜!!こちらの2F調理室で行われました。冬なのに雷が鳴って雨降っての大荒れの天気でしたが、2Fから見える景色は高台なのでなかなかのものでしたよ。

もう一つ「自主サークル」もあります。
サークルとは、あしたば白石を主な会場として自主的な活動を行っているグループです。同じ仲間を持つ仲間達と長期的に学習できるので、講座とは違った魅力があるようです。
こちらの分野も、茶道・書道・水彩画・和裁・民謡・太極拳・卓球・ギター・英会話などなど、とても多種多様で、現在のサークル数は45〜6と、この辺りでは一番多いようです。自主的な活動ですので、皆さんとても積極的にされていて、年に1回行われるサークル活動の発表会「あしたば白石まつり」では、たいへんな賑わいだそうです。
その時の写真をいくつか拝見させて頂きましたが、ちぎり絵や書道・パッチワーク・写真など、どれも見事な作品でプロ並みではないかと驚きました。皆さん、日々のやるべき事をやった上での趣味をも徹底するパワーには頭が下がります。
サークルの入会方法としては、活動の様子を見学した後に入会するかを決めて頂く形で構わないとの事ですので、まずはお電話を!

講座の話に戻りますが公民館等の施設でもいろいろと開講されているので、新しい講座を企画する際には、他と重複しないよう気を付けているようです。他にも利用者さんからの「〇〇の講座を開いてくれないかしら?」という意見を取り入れているようで、前回行った陶芸教室がそのようです。
出来るだけ多くの方に利用してもらえるよう、周りの皆さんの声にアンテナを張っているようですが、その先生探しも一苦労というのがあるようなので、「こんな講座やってほしい」「こういう資格をもった人がいますよ」などの情報がありましたら、あしたば白石までどしどしお寄せ下さいませ〜!
あしたば白石
郵便番号989-0246
住所白石市新館町1-21
TEL0224-25-5095 0224-25-6593
開館時間AM9:00〜PM21:00
休館日1.毎月第2、第4及び第5日曜日並びに日曜日会館の週の月曜日
2.国民の祝日に関する法律に規定する休日

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る