白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

カルチャー・教養

白石市国際交流事業
料理を通して世界を知る会
〜第1回 チュニジア〜


世界共通の食材でも、国や文化が違えば料理方法は様々。
そこから料理を通して色々な国の文化を知り、
国際交流を深めるイベント、国際交流事業の料理教室が
11月28日(水)に中央公民館にて開催されました。
これまで2回、参加して来ましたが、今回はチュニジア編です。
クリックで拡大

韓国料理編
マレーシア料理編

講師は仙台在住のリアード・ベンシャ・ベンさんと奥様の由美子さん。

由美子さんは結婚後1年間チュニジアで暮らし、その時にお義母さんから
チュニジアの母の味をみっちり仕込まれたそうです。

今回の献立はチュニジア風クスクスとサラダ、
そして白石名産の温麺が入ったきのこ汁です。
クスクスは小麦粉と水から作られるそぼろ状の粒で、
世界一小さなパスタともいわれており、主に北アフリカの主食です。
ちなみに「やまや」でも売っています。

香辛料を使った、野菜がゴロゴロ入ったトマトベースのソースを作り、
それをかけていただきました。
温麺入りきのこ汁はダシが効いたつゆにきのこの旨味が出た優しい味で、
リアードご夫妻も「おいし〜!」と好評でした。



みんなで力を合わせて作りました☆

もちろん料理中も交流を深めました。



レシピ

みなさんもぜひ作ってみてください。


この講習会では映像や写真などを見ながらチュニジアについて
色々教えていただきました。

チュニジアは地中海に面した、日本の約7割の大きさの国です。
地域によってはフランスを思わせる街並みだったり、砂漠があったり、
スターウォーズの撮影に使われたところがあったりなど色んな風土があります。




講習会の最後にはストールの巻き方を教えていただきました。


短い時間でしたが、異文化を知ることができてとても楽しかったです。
国際料理講習会は毎年開催されているので、みなさんも機会があったら
参加してみてください。広報しろいし要チェックです!






←カテゴリーに戻る