白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

カルチャー・教養

白石皐風会

『能』というと、「難しい」「敷居が高い」などのイメージをお持ちではないでしょうか。
能は馴染みがないだけで映画や舞台と同じく娯楽のひとつなのです。

白石の誇れるもの。それは白石城はもちろんのこと、東北では唯一の『能楽堂』があること。

その白石で能をもっと身近に知ってもらおうと活動しているのが、
観世流(かんぜりゅう) シテ方 小島英明氏 主宰の『白石皐風会(こうふうかい)』
『シテ方』とは、簡単に言うと主役を演じる人のことです。
小島氏は母親が白石市出身という縁もあり、碧水園能楽堂で毎年6月に公演をしています。
去年は復興祈念公演『橋弁慶』を行いました。


今回は碧水園能楽堂で行われた、『中学生向けワークショップ』『子ども能楽教室』を見学してきました。

『中学生向けワークショップ』では代表生徒が能舞台で能を体験。
指導が続くうち、初めは恥ずかしがっていた生徒も稽古に集中。

最後の挨拶では背筋がピンとなっていました。


『子ども能楽教室』では、稽古が始まると子どもたちの眼差しは真剣そのもの!

扇を持つ正座姿も様になっています。

練習も一人ひとりの進み具合に合わせていて、細やかな指導が印象的でした。
前出の『橋弁慶』にはこの教室の生徒さんも出演しました。
能の作品にはわかりやすい内容のものも多く、中でも子ども達が活躍する『鞍馬天狗』は牛若丸を題材としていて、
花見の場面などでは子ども達がにぎにぎしく、楽しさあふれる作品になっています。

皐風会ではより一層公演を楽しめるように事前講座も開催しています。
初めて観る方など参考にしてみてはいかがでしょうか。
「能の中には挨拶・礼儀・歴史・文化など日本のステキがいっぱい詰まっています。
それを改めて発見してもらいたい」
と語る小島氏からは志の高さが伝わってきました。

白石皐風会では子ども能楽教室の他に、大人向けの能楽教室も開催しています。
見学・入会募集も随時行っていますので、「伝統文化を学びたい」「美しい所作など身につけたい」
「子どもに身につけさせたい」
など、興味のある方は、まずは気軽に連絡を。

白石皐風会
TEL0224-26-2074
URLhttp://www.koufuukai.net/


←カテゴリーに戻る