白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

カルチャー・教養

沖縄剛柔流空手道 沖縄古武道

無心館

男性ならブルース・リーの華麗なヌンチャクさばきに胸躍らせた経験はないでしょうか。
白石蔵王駅の高架沿いにある道場『無心舘』では、そんな強くなりたい方に沖縄の剛柔流空手道と古武道を教えています。
舘長の我妻俊治(あがつましゅんじ)さん(67)は範士九段の達人です。

白石で空手をやっていた我妻さんが本場の剛柔流と出合ったのは26歳のとき。
スポーツとして技術の優劣を競うより相手を倒すことを目的とした実戦さながらの流儀に衝撃を受けたそうです。その後、沖縄の道場で修行を積むなど実力を磨き、1979年に無心舘を設立しました。

「農作業中でも食事中でも突然攻めてくる敵を撃退するためには、棒やヌンチャクだけでなく鍬や鎌から鍋をつるす釣瓶(つるべ)まで、武器になるものは何でも武器にして戦うのが沖縄流」と我妻さん。
武具を使うため怪我をしないよう、道場では真剣な稽古が続きます。

臨む道場生のみなさんは気合い十分!
型を決めた後、時折見せる充実した表情が印象的でした。

道場の一角には「心は無なり」「忍は百行の基なり」の標語が。我妻さんは指導を通じて「自分の身を自分で守れる強さを身につける。本当に強くなれば親にも優しくなれる」ことを伝えていきたいそうです。
『無心舘』では道場生を募集中。見学、体験練習は稽古時間内ならいつでも大丈夫です。興味のある方はぜひ!






稽古で使う武具は15種類あり、全てマスターするには20年かかるとのこと。無心舘は武具を使って稽古ができる数少ない道場で、横浜から稽古に来る方も。
沖縄剛柔流空手道 無心館
住所白石市鷹巣西2-2-6
TEL0224-25-7660
稽古日毎週火・木・土曜日
稽古時間少年部17:00〜
一般部19:30〜
駐車場あり
URLhttp://mushinkan.web.fc2.com/

←カテゴリーに戻る