白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

イベント・催し物

イキイキスタッフ声優デビュー!?


今年で第33回目になる「白石市農業祭」が11月5日(土)、6日(日)の2日間、ホワイトキューブで開催されました。
その農業祭にて今年は「白石の妖精 ぴち」のアニメーションを上映しました!!!
実は…そのぴちに登場するキャラクターの声を、2名のイキイキスタッフが担当させていただいたのです!!!


今回は、そのアフレコの裏側をレポート致します♪
(※アフレコとは…先に編集した映像部分に、後から音声や音楽を録音すること)

素人であるわたしたちがアフレコに挑戦するということで、
監督をしてくださったのはぴちのアニメーションにて作曲を担当した青木伸彦さんです。
青木さんは時には作曲家、そしてまたある時はレコーディングエンジニアと
様々な方面で活躍されている方なのです\(◎o◎)/!
レコーディングは仙台市五橋にある青木さんのスタジオ「Soundworks U.K.」にて行いました。
こちらのスタジオ、声優さんのアフレコはもちろん、
普段は歌や楽器の録音をしているマルチなスタジオなのだそうです。
「アニメ むすび丸」のアフレコを行ったのもこちらのスタジオなのです!!!
 

ではでは、スタジオ内をちょっと見せちゃいます(*^□^*)
クリックで拡大
こちらが「コントロールルーム」といい、
青木さんがこちらの部屋で声優さんの声を聞きながら、指示を出してくれます。
テレビでしか見たことのない機器が……(◎o◎)
どのボタンがどのような役割を果たしているのか未知の世界です。

そしてこちらが「レコーディングルーム」といい、
前にある画面に映像が流れ、声優さんがそれに合わせて台詞を言います。
ただ、わたしたちは台詞が短いものだったので、映像なしでも大丈夫でした♪
テレビでよく見るマイクだぁ(゜-゜)と興奮してしまいました。

さて、実際のアフレコです☆☆☆

こんな風にヘッドホンを付けて、コントロールルームの青木さんの指示を待ちました。
わたしはぴちの中でピンク色の子「ももっか」の役で台詞は「おいしいわぁ」でした(笑)
それだけかよ(>_<)と思いますよね??
でも、その一言を録音することがどれだけ難しいかぁ〜〜〜(;■;)
「おいしいわ」という言葉、普段は特に意識することなく発している言葉ですが、
口の開き方や「お」「い」「し」「い」「わ」のどこにアクセントを入れるかで
言葉全体の雰囲気が全く変わってしまいます。また、感情を込めることも重要ですが、
その役柄に合った雰囲気を表現することも同じぐらい重要です!!!

わたしは普段なまりが強く、本当に上がり症でどうなることかと不安でしたが、
青木さんの指示を素直に聞き台詞を発しているうちに、なんだか恥ずかしさも忘れ、
楽しくなってしまいノリノリで出来ました(●^o^●)魔法です……

青木さん曰く「声優さんをリラックスさせながら、
求める音を引き出していくのが仕事
」とのことでした。いやはや恐れ入りますm(__)m

生まれて初めての経験、
まさか自分にアニメーションのキャラクターを演じる機会が訪れるなどと夢にも思っていませんでした。
知らない世界をほんのちょっとだけ垣間見る事ができ、なんだかまた人生の経験値アップが出来ました。

イキイキスタッフ声優デビュー舞台裏でした♪