白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

イベント・催し物

第3回仙南地域 畜産物地産地消フェア

クリックで拡大
以前、ホームページ上でも紹介致しましたが…
昨年の12月18日(日)、しろいし産直マルシェ 小十郎の郷にて開催された
「第3回 畜産物地産地消フェア」へ取材に行ってきました!!

今回で第3回目となった畜産物地産地消フェアですが、
どのようなきっかけでこちらのイベントを開催するようになったのか、
大河原家畜保健衛生所技術次長 嶋田俊治さんにお話を伺ったところ…
仙南地域は畜産が盛んだけれど、消費はあまり多くないというのが事実です。
地元の畜産物を地元の方に味わって頂きたいという思いがあり、
生産者から直接販売できるような企画があったら
という考えから、
このイベントが生まれたそうです。
当日は極寒ではありましたが、晴天に恵まれ、
家族で来場している方々を多く見かけました。

♪では当日の様子をご覧ください♪
オープニングセレモニー
AM8:45 オープニングセレモニーが始まりました。
風間康静白石市長、そして大河原地方振興事務所副所長から
「放射性物質の汚染問題などがありますが、安全性の確保に力を注ぎ、
食材王国宮城の復興復旧に向けて頑張って行きたい。」とあいさつがあり、
その後テープカット。

そして今回は丸森を本拠地として、創作和太鼓演奏を中心に活動している
「伊具の里 童楽娘鼓(いぐのさと どらむすこ)」が駆けつけ、セレモニーを盛り上げてくれました。



1曲目「水口(みなぐち)ばやし」2曲目「八丈(はちじょう)」3曲目「三宅(みやけ)」
こちらの3曲を披露してくれました。

むすび丸もノリノリでしたよ♪


楽しいイベントの数々
●牛肉無料試食コーナー
JAみやぎ仙南肥育牛部会の協力により仙台牛が無料で振舞われました。
9:30〜、11:00〜、12:30〜の計3回、各回100名限定。
仙台牛は肉質が最高の「5」ランクでなければ呼称を許されないのだとか…(>_<)

大人も子供も美味しそうに頬張っていました。


●牛乳無料試飲コーナー
こちらは株式会社山田乳業の協力による先着300名の方への牛乳試飲コーナー。

白石市内の小中学校出身の方ならば毎日給食で飲んでいた、あの山田牛乳です。
懐かしの牛乳、なんだか気持ちがほっこりしました(#^O^#)


●ピンポン球つかみ取りで同じ数の卵を進呈コーナー
以前、イキイキだよりやホームページ上でも紹介しました、有限会社竹鶏ファームの協力による
「ピンポン球つかみ取りで同じ数の竹鶏たまごをプレゼント」のコーナー。

わたしがつかんだピンポン球は3個だったのに…
おまけで4個の卵を頂いてしまいました(;■;)ありがとうございましたm(__)m


●お楽しみ抽選会
20名の方に仙南の畜産物が当たる抽選会
豪華商品はこちら

2000円以上購入された方、もしくはチラシの抽選引換券を持った方が先着200名まで抽選できました。
ちゃっかりわたしも抽選に参加!!!見事にはずれでした…(~_~;)日頃の行いでしょうか…。
前に並んでいたご婦人は、なんと特賞を2回も当てちゃいました\(◎o◎)/!


他にも
蔵王の自然展示コーナー、笛つくり・他遊びのコーナー、カブトムシの幼虫プレゼントコーナー、
木の枝や木の実でクラフトづくり・巣箱作りコーナー




中でも嬉しかったことが動物とのふれあいコーナーにうさぎが来ていたことです(^○^)

うさぎの可愛さを改めて感じました(;■;)

イベントの他にも仙南地区の色々な畜産物が販売されており、
イベント会場は活気に溢れたお祭りの様な雰囲気で、その場にいるだけでわくわくしました(*^■^*)


昨年は「東日本大震災」という歴史に残る災害が起こりました。
わたし自身、震災当時を思い返すと、地産地消フェアというイベントに参加出来たことが、
奇跡のように感じてしまいます。
自分自身がこの地で、明日への希望を持って生活することができる今に感謝したいと感じました。