白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

イベント・催し物

白石市 夏の一大イベント!

2013白石夏まつり (後編)

後編では、8月10日(土)に開催された『白石大花火大会』と、
8月12日(月)に行われた、『しろいし駅前大盆踊りナイト2013』をご紹介します!


白石川のせせらぎが間近に感じられる白石川緑地公園にて、
夏祭り2日目の『白石大花火大会』が行われました。


次々と打ち上げられる色とりどりの花火は、まさに光の宴。
見物客も息を飲んで見つめていました。

中でもスターマイン(速射連発花火)はいくつもの花火を組み合わせて連続的に打ち上げ、
ひとつのテーマを描き出すもので、いまや花火大会を盛り上げるには欠かせないプログラムとなっているそうです。

目をみはるばかりのスケールで黄金の花吹雪が夜空を染め上げると、大きな拍手と歓声が湧き起りました。

花火終了後も屋台は列は途切れることがありません。
みなさん花火に夢中で、食べることをすっかり忘れていたようですね


最後は、白石夏まつりの後夜祭的なイベントである『しろいし駅前大盆踊りナイト2013』
白石駅前西口広場(駅前タクシープール)にて『しろいし駅前大盆踊りナイト2013』が開催されました。


駅前広場にやぐらを組みその周りをぐるりと囲んで踊ります。

青年会議所から「テーマは仮装盆踊り。非日常の空間を楽しんでください」とのメッセージがあり、
お面を無料で貸し出すなど伝統の中に新しい試みも見受けられます。

まずは、ひかり幼稚園の園児たちによるうーめん体操のご披露。子どもたちの一生懸命な姿にご両親達も満足気でした。
うーめん体操が終わると、盆踊りのスタートです。

初めのうちこそ少々ぎこちなさがあったものの、参加者がどんどん増えていくにつれ足並みも揃い始め、踊りに熱が入ってきます。
やがてやぐらを囲む大きな2つの輪ができたころには盛り上がりも最高潮に達し、
参加者も見物客も一体となって本当に楽しそうです。

休憩時間には、主に仙台で活動しているユニット
『Tae-chu(タエチュー)』が透明感あふれる歌声でしっとりしたステージを披露。

平日にもかかわらず、最終日の盆踊りには300名以上が参加し、1000名以上が訪れ盛り上げてくれました。

夏まつりは大盛況のうちに幕を閉じましたが、
参加者も見物客も一丸となって盛り上げる素晴らしい夏のひとときでした。
特に、明日を担う子供たちの元気な姿が印象に残っています。
訪れた市民のみなさんもたくさん元気をもらったのではないでしょうか。
来年もまた無事に盛大な夏祭りが開催されることを祈っています。

前編を読む

←カテゴリーに戻る