白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

イベント・催し物

平成25年大晦日

白石城に鳴り響く除夜の鐘

12月31日(火)、白石城本丸内鐘堂にて、「除夜の鐘を鳴らす会」が開催されました。
毎年行われているこのイベントは、参加者が順番に除夜の鐘を鳴らすことができるというもの。

今年は260人が参加しました。

大晦日の夜に108回突き鳴らす除夜の鐘。その数の由来は、人間の煩悩の数といわれています。
鐘の音を聞くことで1年分の穢れや煩悩を除き、清らかな心になって新しい年を迎えられるそうです。

「お城に鐘堂なんて、どこにあるの?」という方もいるのではないでしょうか。
実は天守閣のすぐ横にある小さい小屋が、鐘堂なんです!

鐘堂に入ると、目に入る鐘の大きさに圧倒されます。
さらに鐘を突く木の棒、 撞木(しゅもく)は重く、力を入れないと突き鳴らせません。

力を込めすぎて、反動で二回も鐘を鳴らしそうになり慌てましたが、
自分で鳴らした鐘の音は、心にも大きく響き、心が洗われるような気がしました。

鐘堂そばのテントでは甘酒が振舞われ、寒空の下で冷え切った体をポカポカにしてくれました。
甘酒好きのスタッフは、その美味しさにおかわり希望だったとか。

本当に煩悩を除けたのか疑わしいスタッフを含め、多くの方が除夜の鐘を鳴らす会を訪れました。
白石城本丸内鐘堂で開催されたこの催しは大賑わいで幕を閉じ、新年を迎えました。

←カテゴリーに戻る