白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

グループ・企業福祉

蔵王酒造へ行くの巻

日本酒について
近年、発祥国日本での消費は残念なことに減退傾向にある一方、アメリカとフランスの市場では日本酒、とくに吟醸酒の消費が拡大し、イギリスでも2007年、伝統のある国際ワインコンテストに日本酒部門が設置されるなど、「sake」として親しまれるようになっている。
韓国でも数年前から日本酒がブームとなっている。しかし関税が高く現地では高級酒扱いである。韓国語では“正宗"と呼ばれていた(桜正宗にちなむらしい)が最近では「サケ」が定着してきている。
な~んて、初っ端から堅苦しい事を言っちゃいましてすみません・・・
この外国にウケている日本酒を、わがまちふるさと白石でも造っている会社『蔵王酒造』さんがありますが、恥ずかしながら詳しい事はよく分からないので、きむにいとわかちゃんと一緒に行ってきました。

写真の前に会社概況を

創業は明治6年(1873年)と歴史は古く、大正2年に法人組織鞄n邊醸造部となり、「白石梅政宗」や「羽衣の露」という清酒を造っていたそうです。
昭和6年に商標を名峰蔵王山にちなみ「蔵王」と改銘
昭和45年に蔵王酒造株式会社と社名変更し現在に至る
それでは、撮影させて頂いた写真をご覧下さい
大きな看板
ここが目印の大きな看板。旧4号沿いにあります。
展示館 展示館 展示館
看板の隣にある展示館の中に入ると、渡邊社長の所持品がたくさん展示してあります。

試飲コーナー 試飲コーナー
試飲コーナーもあり、ここに置いてあるお酒のほとんどが試飲出来ます。
いろんなお酒 いろんなお酒 いろんなお酒
いろんなお酒がありまして、あまり飲めない私でも、「美味しい」と思わず言っちゃうくらいでした(^^♪  うまし!!
酒米と米ぬか
酒米と米ぬか
原米を50~30%までに精米するそうです。
大吟醸アイス
フロム蔵王さんとコラボした『大吟醸アイス』
米ぬかが入っていて、お酒の香りがぷ~ん♪
全国利酒大会
こちらの盾は全国利酒大会で優勝した時のもの
工場内 工場内 工場内
特別に工場内を見学させて頂きました。
自家精米機
こちらは自家精米機。とっても大きい!!です
酒樽
これがよくTVで見る酒樽です!この日はまだ酒造りが始まっておらず(11月~3月に造る)
中身は空っぽでしたが、酒造りが始まるとここにもろみを入れて、温度調節をして一日中かき混ぜるという作業が行われます。とても底が深いので、もろみが入っている状態の中に落ちてしまったら死んでしまうことも・・・(>_<)
原酒のろ過
原酒のろ過装置
酒粕
この板の間にくっつくのが酒粕。この板、なんと一枚10万円以上するんですって!!
ポンプ
蔵王山の地下水を汲み上げるポンプ
ボイラー室
ボイラー室
ボイラー室
の中
煙突
煙突。白石ではけっこう目立つかも。古くからあるので取り壊したいようですが、壊すだけでも結構なお値段らしいですね・・・(@_@;)
小窓
遠い昔はこの小窓からお酒の蒸気が出ていたんだろうな~
お忙しい中、見学させて頂いてありがとうございました(^-^)
日本酒って、値段が高いとか、アルコール度が高くて気軽に飲めないなどとあまり良いイメージが無いと思っていたんですが、実はいろいろと効能があるようです!
◎胃を丈夫に
◎美肌効果
◎老化防止
◎血栓溶解作用 など

あるようで、血行を良くする作用もあるので、肩こりや冷え性にも効くのです!肩こりで悩んでるそこのあなたに朗報です!!考えてみると、日本酒で晩酌してるおんちゃんて、お肌ツルツルの人が多いな~
適量は2合。少ない量でしっかり酔えるなら意外と経済的かも?!でも、くれぐれも飲み過ぎにはご注意を

←カテゴリーに戻る