白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

グループ・企業福祉

地域に根ざす世界最先端企業
ソニー白石セミコンダクタ株式会社

<前編>


白石市白鳥にあり、白石インターからも近い『ソニー白石セミコンダクタ株式会社』
蔵王連峰の名峰不忘山を望み、近くを白鳥の飛来地としてお馴染みの白石川が流れるという環境抜群の場所にあります。お出迎えをいただいたのは、総務部の北岡さんと武田さんのお2人でした。

◆世界屈指の技術「半導体レーザ」◆

◎生産品目
  • CD用レーザダイオード
  • DVD用レーザダイオード
  • 高出力レーザダイオード
  • 集積レーザダイオード
  • ブルーレーザダイオード
ソニー白石では、CDやDVDまたはBD(ブルーレイディスク)、PS(プレイステーション)、パソコン、ハンディカム等に使用されている半導体レーザを生産しています。

これらの製品はデジタル家電に内蔵されていて、光ディスクの情報記録・再生に不可欠になっています。ソニー白石が生産する半導体レーザのシェアは世界No.1を誇っています。

驚くことに、ソニー白石で生産された半導体レーザは累計で30億個におよぶとのことでした。
このように、パイオニア精神を常に持ち、惜しみない新技術へチャレンジするスピリットは、
「光を科学し夢をかなえる」というソニー白石の経営理念でもあります。

◆企業ぐるみで環境問題に取組みます◆

更にソニー白石では、“ゼロエミッション”を展開しています。これは排出される全ての廃棄物をリサイクルすることです。例えば廃棄物を個体や液体で40種類に及ぶ分別しているという、たいへんきめ細かい取り組みをされています。
また社外での活動も盛んで、毎年、春と秋に行われる“クリーンキャンペーン”は会社周辺の道路や白石川(白鳥の飛来地)の河岸の清掃活動を展開、社員と家族の皆さん、地域住民、白石川白鳥愛護会の方々と共に環境美化に努められています。

さらに昨年の9月には白石市より※サンキューロードサポーターに認定されました。
企業全体で環境というものに真剣に取り組まれ、かつ社員の方ひとりひとりが環境負荷低減に取り組まれていると感じられました。
※(ボランティア活動に意識があり、良好な道路環境づくりに積極的に取り組んでいる方)

◆お米にも環境にもこだわります◆

お邪魔したのがお昼時ということもあり、社員食堂にも案内していただきました。入口のところには、和洋中数々のメニューが並んでいました。日替定食やカレーライス、ラーメン等もあります。お値段も300円〜400円台が中心の非常にお手頃なメニューとなっており、社員の皆さんにも好評とのこと。大手フードサービスが運営しているだけあって、味はもちろん、メニューのディスプレイや、料理の盛り付けなど、センスが感じられました。
また、お米にも大変こだわっており、地元宮城県産の米を使用しているとのこと。御飯だけでもおいしくいただけます。

驚いたのは、紙類やプラスチック・ビニールなどのゴミ分別の徹底化です。ゴミ箱自体も一目で見て分かり易い表示となっていました。社員の皆さんも分別に対する意識が非常に高い印象をうけました。
■会社概要■
設立1969年11月1日
資本金4億5000万円(ソニー株式会社100%出資)
面積土地150,450u
建物 1号棟 10,778u
2号棟 4,970u
3号棟 2,825u
社員数852名(派遣社員含む)

ソニー白石セミコンダクタ株式会社
所在地〒989-0734 宮城県白石市白鳥三丁目53-2
TEL0224-22-1111
ホームページhttp://www.sony-shiroishi.co.jp/

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る