白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

グループ・企業福祉

シルバー人材センター
シルバー『自主・自立、共働・共助』いきいき!


みなさんが、よく利用される市役所、よく目にする沢端川。これらがいつも綺麗な状態で保たれているのがなぜだかわかりますか?それは市役所前の植え込みの剪定・除草、川の清掃等の活動を、白石市シルバー人材の会員の方々が行っているからなんです。

今回は、そのような活動を行っている白石市沢端町にあります公益社団法人白石市シルバー人材センター(白石市いきいきプラザ内)にお邪魔しました。

〈活力ある地域社会へ〉

日本で初めてシルバー人材センターが設立されたのは、昭和50年。 東京の江戸川区が発足で、白石市には、平成11年に建てられました。また県内では全部で28ヶ所存在します。今年で生誕12年目になる白石市シルバー人材センターで現在事務局長を務めておられます。半澤さんにお話を伺いました。

まず最初に半澤さんがおっしゃられたのは、シルバー人材センターは、高齢者の方に仕事を紹介するだけの場ではないということです。
仕事の提供は第一前提ではありますが、業務を通して多様な社会参加活動を援助し、会員の方に生きがいの充実と福祉の増進を図るとともに、活力ある地域社会づくりを進めていくことこそが真の目的だと話してくれました。
そしてこの理念を基に生まれた言葉が“自主・自立・共働・共助”です。これは全国にあるシルバー事業のスローガンとして掲げられてます。
この言葉が示すのは、互いに助けあい、支えあうことです。今やシルバー人材センターは、就業のみならず、ボランティア活動を通じ白石市の街づくりにも大きな力を発揮しています。

〈シルバー会員の豊かな知識や経験を新たなパワーとして活用しませんか〉

現在白石市シルバー人材センターに会員登録されている方は370名程います。その中でいったいどのような仕事を委託できるのか、大まかですが料金形態も含めて紹介したいと思います。

〈主な仕事内容〉

〇宛名書分野
賞状書・のし紙名入れ・宛名書き等
¥40〜3000円程度・・・1枚(字数・毛筆・硬筆等で料金の違いあり)
〇屋内外の軽作業
草刈り・除草・清掃等
¥700〜1100円程度・・・(器具使用、手取りで料金の違いあり)
〇事務分野
パソコン作業・事務等
¥680〜750円程度
〇技能を必要とする分野
襖・障子貼り、植木剪定・消毒等
¥900〜1100円程度
襖・片面3尺×6尺、障子普通3尺×6尺紙代別
植木剪定・消毒・・・処分料薬剤料別
〇管理・運搬・運転分野
自動車運転(普通)、包装、梱包、チラシ配布等
¥680〜900円程度
〇家事援助分野
家事手伝い等
¥680円程度

※上記の料金は、〈作業料金〉+〈事務費〉合わせての金額になります。また仕事内容状態によって多少変更することもありますので見積り相談させていただきます。
※上記以外の仕事についてもお気軽にご相談ください。
2011年3月現在

また会員になりたいという方は、毎月第三水曜日にいきいきプラザで行われている説明会に参加していただき、趣旨にご賛同いただいてから入会申込書の提出となります。また入会時に必要なもの、詳しい説明を希望する方は、
(社)白石市シルバー人材センター(0224-22-1680)までお問い合わせください。

〈サークル活動〉

■画像はいります:後日■

白石市シルバー人材センターでは、日々の業務だけではなく、山楽会といった独自のサークル活動もされています。休みの日に集まってカラオケを楽しんだり、近くの山へ登山に出掛けることもあるそうです。去年の10月には山元町と角田市の間にある深山にも行かれました。頂上はすばらしい眺めで心身ともに癒されて帰ってきたそうです。

〈シルバー人材センターの活動を通して〉

シルバー人材センターの仕事には、利用していただいたお客様から、配分金の他に、“喜んでもらえる”というご褒美をいただいているそうです。そしてその仕事に対し、常に真剣に取り組んでいます。その日々の活動の成果が教育、介護も含め幅広い分野を支えています。
そして会員の方々の、働き、趣味を持って日々楽しく、いつまでも元気に活躍する姿を見て私自身も元気をもらいました。

〇ゴミはゴミのままじゃない。資源です!
〇シルバー人材センターの取材が終わった後に半澤さんのご厚意でいきいきプラザの2階にあるリサイクルプラザも見学させていただきました!


〇入口から入った瞬間目に入ったのがこちらのリサイクル資源で作られた模型。
とにかくインパクト大です!

〇この入れ物なにが元になって作られたかわかりますか?
なんと新聞紙なんです。細かく切ってお湯で溶かしてここまで作ったそうです。

〇あと一番びっくりしたのが・・・

大量の本と、衣類、日用雑貨品です。こちらは、図書館で使用されなくなった本や、市民の方々がいらなくなった物を無料で提供してくれるそうです。ちなみに早い者勝ちだそうなのでお早めにー。

ボランティアグループのまんさくさん達が作成した、ペットボトルや牛乳パックを用いたリサイクル品の展示も行っています。

またリサイクル普及活動の一つとして、ゴミの分別の仕方、ゴミがゴミではなくどうやったら資源へと変わるのかを知ってもらう展示品も紹介されています。

私は、今回初めて足を運び取材させていただきましたがシルバー人材センターにしても、リサイクルプラザにしても、自分だけの勝手な思い込みで判断していたところがありました。
シルバー人材センターは、福祉の受け手ではなく社会の担い手として活動しているということがこの取材を通して強く感じられました。リサイクルプラザも同様です。ゴミを資源として扱う心が大きなエコに繋がる。これを私自身も念頭に置いてエコに対する活動を見直したいと思います。
シルバー人材センター
郵便番号989-0277
住所白石市沢端町4-1 白石市いきいきプラザ1階
TEL0224-22-1680
FAX0224-24-2007
営業時間8:30〜16:30
駐車場あり
ホームページ---

大きな地図で見る