白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

グルメ・食事

緑の貨車の不思議な建物
カフェミルトン

赤いドアをくぐると、そこは絵と音楽のあふれるCAFE&BAR
ブラジリアンカフェとして、ブラジルの音楽とコーヒー、料理が楽しめるお店です。
平成6年にOPENし今度の5月で17年目になるカフェミルトンは、様々なアーティストのライブやお客さん達と生まれたイベント、マスターとママのおいしい手作り料理などがあるということで、きむにいとねえさんとまぁち。でおじゃましてきました!
クリックで拡大
緑色の貨車と赤いドアの外観は、ここなぁに?と思わず聞いてしまう建物。
店内へ入ると、左手に大きな赤い窓が目を引きます。
それから、たくさんの絵。

こちらは絵本作家の沢田としきさんがミルトンでライブペインティングを行ったときの作品。原画です。

マスターが描いた絵ハガキやお客さん、子ども達の描いたものもあります。

壁にはたくさんのサイン。

たくさんのCDやレコードたち。お気に入りのアーティストのCDを購入もできます。

沢田としきさんの絵をジャケットに、ミルトンに来たアーティストたちがお店の10周年のお祝いに1曲ずつ持ち寄ってできた、ミルトンオリジナルCD。

16年の間に、行ったライブの回数や紹介したアーティストは数え切れないほど。
ミルトンライブの良さは、断然!アーティストとの距離!!一度行った人ならその贅沢さに絶対にハマってしまうでしょう!!(詳しい事は、ミルトンライブを読んでね!) そして、このミルトンでのライブを楽しみに来てくれるお客さんは、
北は紋別から南は岡山から何度も足を運んでくれる人もいます!

でも…なぜ、この白石にライブカフェをオープンしたのかを聞いてみると、たくさんの想いがあることを話してくれました。
仙台や都会でなら普通に楽しめる店はいっぱいあります。でも、いろいろな理由からその場所まで足を運べない人たちが、白石のミルトンなら、と来て楽しんでもらえたらいいなあと。

ミルトンのマスターとママは、ブラジル音楽に出合ったことをきっかけに日本の事をもっと好きになれたといいます。お二人の「胸の鼓動を信じて伝えたいもの」がこれからもミルトンのイベントやライブ、手作り料理・・・を通して、たくさんの人に伝わって行ったらステキだなぁと思いました。

◇ミルトンのメニュー◇

これまでたくさんの方々の声にお応えして、今では多国籍料理に!
メニューは冷凍などはしないから「その日に作れるもの」というこだわりで毎日手書きしています。

〜自慢のブラジル料理のご紹介〜

●フェジョアーダ 800円

自家栽培のブラジリアン黒豆と豚肉・ソーセージなどの煮込み料理。
ご飯にかけていただきます。そのお味は、黒豆のホクホク感とお肉のダシが程よい塩加減でご飯にぴったり!ボリューム満天でお腹もいっぱいになります(^−^)
●カンジャ 750円

お肉は岩手県の南部どりを使ったセロリとトマトの煮込みースープごはん。
体にやさしいブラジルの家庭料理。コンソメ風味のスープが心もカラダもほっかほかにしてくれます(*^_^*)ホロホロ〜っと口の中でほぐれるお肉がたまりません!!
●パステル 580円

ブラジリアンスナック!
チーズとひき肉の包み揚げ。ビール・ワイン・日本酒にも合いますよ!

紹介した3品のほかにも、手作りのおいしい料理やケーキ、お酒にコーヒーもいろいろ取り揃えています。
取材に行ったこの日は、お話の合間に

手作りのピクルス肉だんご、ブラジルの庶民が普段飲んでいるというコーヒールイボスティのジンジャーと黒糖入りなど、たくさんごちそうになりました!
コーヒーはウッディーな風味というか、お茶の様な風味というか。初めての味でしたけどすーっと飲める美味しさです。ルイボスは、優しい味でジンジャーが体を温めてくれました。本当にたくさんごちそうさまでした。
●ワンコインお弁当もお届けして4年。取材の後日、私たちも頼んでみました!

ロコモコ弁当(左)  キーマカレー弁当(真ん中)  チョコケーキ(右)
安心素材、手作りお弁当の注文は当日の朝9時までです。日替わりでお茶のサービスつき。
ここでもミルトンの優しさが伝わります(*^_^*)
カフェミルトン
営業時間火曜日〜日曜日 17:30より
月曜日 定休
※イベントなどで営業時間の変更もあります。詳しくはミルトンママのブログにて。
住所宮城県白石市八幡町6-18-1
TEL0224-26-1436
ブログミルトンマスターのブログ:http://milmas.cocolog-nifty.com/
ミルトンママのブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/miltonmama1207

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る