白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

グルメ・食事

浜料理 くるま

白石で、気軽においしいふぐが食べられるお店『浜料理 くるま』をご存知ですか?
くるまは、ふぐの看板と暖簾が目印の魚料理専門の居酒屋です。
訪れると、明るく気さくなご夫婦が迎えてくれます。
クリックで拡大
「ふぐ」というと、高級店で食べるイメージがありますが、
くるまはアットホームな雰囲気で気軽に旬の魚料理を楽しむことができるため、
親子3代で通うお客さんや女性だけでいらっしゃるお客さんも多いそうです。
一見さんも大歓迎だそうですよ。

昭和50年10月、親方が27歳の時に開業したくるま。
白石の魚屋で生まれ、東京築地の市場や赤羽の料理店で
修行を積んだという親方の目と腕は確かです。

同じ魚でも季節によって味が変わるそうです。
そういった食材の味を楽しんでいただくため、
くるまでは必要以上の味付けや調理をしないようにしています。

そんなくるまのおすすめはやはり「ふぐの刺身」!!
取材当日いただいたのは、「岩手県産 天然ふぐ」
私、ふぐ初体験でございます・・・!

浅葱を巻いて、ポン酢ともみじおろしでいただきます。

・・・か、感動です!!!!
その歯応えと、そして噛むほどに口に広がる旨味は格別であります!!!
さらに、ふぐの皮はコリコリとした食感で本当に美味しかったです。



こちらは冬の時期におすすめの「キンキの一夜干し」

脂がよくのったキンキの濃厚な旨味と、さっぱりとした後味についつい箸が進みます。
干す際に使っているのは塩のみで、食材本来の味を存分に楽しめます。
なお、一夜干しにする食材は仕入れによって変わるとのことです。

新鮮なスルメイカを使った「いかそうめん」は、イカの甘みと旨味が口いっぱいに広がります。


注文を受けてから調理する「いかの塩辛」は臭みがなくコクがあり、とっても食べやすいです。
柚子が味のアクセントとなっています。



手前から、ホタテ・シラウオ・マグロ。

シラウオも初めていただきました♪新鮮なシラウオは透き通っています!
ほどよい苦みとつるりとした食感、お酒との相性は抜群ですね!

親方の目利きに適った新鮮な食材のみを仕入れているため、お品書きは日替わり。
そのため、親方が毎日墨で書いています。





カウンターの他、座敷席もあり4名?24名程度で宴会も可能です。

予算や希望の食材については相談に応じてくれるそうですよ。
仕入れの兼ね合いもあるので、3、4日前までにご連絡ください。

魚を食べて季節を感じるというのも粋なものです。
ちょっと贅沢したい時は、是非足を運んでみてください。



浜料理 くるま
住所白石市柳町42
TEL0224-25-3325
営業時間17:30〜22:00(ラストオーダー 21:30)
定休日不定休(月1回)

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る