白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

イベント・催し物

そばきり八寸

長常


本物の手打ちそばが味わえるお店が「そばきり八寸 長常」です。
白石から山元方面に272号線を下り、トンネルを抜けると見えてくる沢山ののぼりが目印です。

食への情熱

店主の荒井紀幸さんは、高校生の頃からおいしいものを食べるのが大好きで、中でも麺類は大好物でした。
あるとき食べたそばがとても香り高くおいしかった。「この味だ!」と思い翌日にはお店を開くことを決心。
それから、そば打ちと揚げ物の修行をし、平成22 年の4 月に「長常」を開店させました。
古民家を利用した店内には骨董品が飾られ、のんびりとした雰囲気の中でゆっくりとおそばをいただけます。

こだわりの数々

「そばは粉が命。厳選されたそば粉をつかい心を込めて打つ」。
荒井さんの打つそばはコシは強いけれど喉ごしはなめらか。つゆは濃厚ながらもしつこくない。
めんをつけて口に運ぶとそばの香りが広がります。この香りもそばの命です。
「飲食店で口にするものは全てが美味しくなくてはならない」と、お茶にも気をつかっています。
「納得したものだけを提供したい」と、自分の好きな味や食べやすさなどを日々追求し続ける荒井さん。
尽きることのない探究心が感じられました。

そばきり八寸とは、そばの長さが24pのこと。この長さが一番美味しく食べられる長さだそうです。
「おいしいそばが食べたい!」と思ったら是非「そばきり八寸 長常」まで足を延ばしてみて下さい♪

寒ざらし天ざる 1900 円

一番人気はなんといっても天ざる。余計なものを入れず氷水だけで溶いた天ぷらはサックサク。
手打ちの蕎麦に引けをとりません。寒ざらしそばは8月まで。

鴨の出汁がきいたコクのある鴨汁に、冷たいそばを絡めていただきます。
たっぷりのささがきごぼうとネギも良い味をだしています。

そば湯の秘密

そばは大きな銅鍋でゆでます。
何十人分ものそばをゆでたそば湯にはとろみがつき、つけ汁がとてもまろやかにおいしくなります。
長常
住所亘理郡山元町小平舘63
TEL0223-37-8788
営業時間11:00 〜 15:00
定休日月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
駐車場あり

←カテゴリーに戻る