白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

イベント・催し物

カフェ地球村


山元町のコミュニティカフェ

「カフェ地球村」は、東日本大震災の影響で、地元の方の憩いの場がなくなってしまった
山元町に誕生したコミュニティカフェ。
障害を持ちながらも、自立と社会参加を目指す、山元町共同作業所「工房地球村」にあります。
「地域の方の心の拠り所となる場所を作ろう」と、立ち上がったのが誕生のきっかけです。
カフェ地球村は、自由に集まり語り合える場所なのです。
今回はカフェ立ち上げからお店に携わっている、山川さんにお話を伺いました。

地球村のバスボム(各320 円)

自然素材にこだわり、ひとつひとつ手づくりのバスボム。
地球村のメンバーがデザインした、いちご、ホッキ貝など、山元町ゆかりのモチーフが模られています。

カップには可愛らしいロゴ入り。

こだわりの品々

お店で頂けるのは、クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子。
余計な物を一切使わず、毎日手づくりしているのがこだわりです。
季節によって販売される、ジャムサンドクッキーとアップルパイには、山元町特産のいちごとりんごを、
焼き菓子の原料となる小麦粉とバターには、栃木県産と北海道産のものを使用しています。
また、工房地球村で作られた、可愛らしい雑貨類の販売も行っているんですよ!

人と人との繋がり

カフェ地球村は、地域の方々が集まっての会議やコンサート、グループ活動の場としても活用されています。
なかなか外部の人と接する機会がない地球村のメンバーが、カフェの仕事を通して、
人との関わりに楽しさを覚えているそうです。
「白石からでは遠く感じられますが、角田のトンネルもできましたので、
色んな方に『カフェ地球村』を知って頂きたいです」と山川さん。
美味しいお菓子と可愛らしい雑貨に囲まれて、ついつい長居してしまいたくなるような空間です。
皆様、是非一度お越しになってみて下さい♪

バスボムのほかに、アクリルたわしや手ぬぐいなどの手作り雑貨も。

手づくりクッキー(各270 円)

チョコミント、カレンズココア、紅茶、ごま、ハーブの5種類のサクサククッキーです。
その場で食べるのもよし、プレゼント用にお持ち帰りするのもよしです!
カフェ地球村
住所山元町真庭名生東75-7 山元町共同作業所「工房地球村」内
TEL0223-37-0203
営業時間10:00 〜 15:00
定休日日曜日・月曜日・祝日
駐車場あり
URLhttp://kobo-chikyumura.com

←カテゴリーに戻る