白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

ショッピング・買い物

小室わさび屋
〜南蔵王山麓の大自然の贈りもの〜


高約400mの高さにある南向きのわさび田で、南蔵王山麓の伏流水と太陽の光を浴びて、そこに作り手の小室さんの愛情をたっぷり注いだおいしいクレソンを育てています。

業昭和62年。代表の小室仁一さんが、それまでの家業であった林業から転身して始めたのが「小室わさび屋」です。 自分の山の杉林を流れる小川に自生していたわさびがきっかけとなりました。そうして杉林を開拓して作ったわさび田で、試行錯誤を繰り返しながら、丹精を込めてわさびを生産しています。

の一方で、雑草として扱われていたものがありました。
それは生育環境がよく似ているクレソンです。始めはわさび田の邪魔者でしかなかった植物でしたが、ある時からそれはわさび田の副産物となり、今ではなんと小室わさび屋さんの主流となっています。

そのは?!

☆一般的なクレソンに比べて、苦みが少なくやわらかいためです。
  • それは栽培環境が標高の高い場所であること、日当たりが良く強風を受けにくい場所にあるために、とても食べやすいクレソンになるのだそうです。
    小室わさび屋さんのお客様からは「やさい嫌いの子どもが喜んで食べる」と、リピーターになられた方も多いとのお話でした。
☆注目してほしいのは、その栄養と効果がすばらしいことです。
  • クレソンには、大根やわさびに含まれるシングリンという辛味成分があり、食欲増進や肉の脂の消化を助け、血液酸化防止に効果があります。また、カルシウム、カリウム、β−カロテン、リン、鉄、ビタミンCの栄養と、血をきれいにする作用があるので貧血、ぜんそく、アトピー、糖尿病、リウマチなど、様々な病状を緩和する効果があるそうです。
    クレソンの効果について、他のサイトですが詳しく書いてありましたのでご参照下さい。
    http://www.beauteer.com/iimono/kureson.html
◇クレソンのおいし〜い食べ方の紹介◇
  • 天ぷら・天丼(小室さんのいちおしです!!)
  • おひたし
  • ベーコンやハムと一緒にバター炒め
  • スープ(入れる前に塩こしょうでかるく炒めるとgood!!)
  • シーチキンとマヨネーズでサラダなど・・・
〈ぜんそくに効果がある食べ方〉毎日、2〜3本を生で食べると良いそうですが、生では子どもが食べるにはちょっと食べづらいでしょうから、リンゴジュースなどと一緒にミキサーで生ジュースにすると良いとおっしゃってました。個人差もありますが、吸引の必要な子どもさんが吸引の回数が減って、とても楽になったということもあるそうです。

は私・・・クレソン=(イコール)サラダというイメージはありましたが、天ぷらや天井がとてもおいしいと聞いて試してみたくなっちゃいました!!まだ食卓にはあまり馴染みのないクレソンですが、これを読んで下さった方には、少しでも身近なものに感じられる様になったのではないでしょうか?!n(*^ヮ^*)n〜〜☆
健康志向が広まりつつある世の食卓に、ぜひクレソンを加えたいものですね!

在はクレソンを主流に、手作りの漬物や小室さん自ら杵でついた切り餅などを直売や対面販売しています。

☆出荷時期
  • クレソン・・・・・4月中旬〜12中旬
  • 切餅・・・・・・・11月〜3月頃
  • 漬物・・・・・・・通年
☆販売場所
  • ゆりあげ朝市(日曜日・祝日)
  • ホームセンタームサシ仙台泉店(水・土・日曜日)
  • ヨークベニマル市名坂店(水・土曜日)
  • ヨークベニマル塩釜店(金曜日)
  • 電話、ファックスでのご注文(携帯電話へかけていただくのが確実です)
ご注文・お問い合わせはFAXまたは携帯電話へお願いします。(販売や山へ行っていることが多いため店舗は不在になることがあります)
提供写真
提供写真
小室わさび屋
住所宮城県白石市福岡深谷字三本松133-2
TEL・FAX0224-25-9233
携帯080-5556-9233
定休日不定休
ホームページhttp://www02.jet.ne.jp/~wasabiya/

大きな地図で見る

材中、小室さんが言っていた言葉・・・
「全てのことに感謝して・・・」
林業からわさび屋を始めたきっかけも、クレソンを販売する様になったことも、商品を買ってくださるお客様がいることも、また趣味のオフロードバイクに乗れることも(^_^)「今こうして居られること全てに感謝して過ごしてきた」とおっしゃっていました。
お客様から「お金で買えないものをいただいた」と言われましたが「神様からいただいたおいしいものを皆様に」と、何よりも一番そう思っているのは、小室さん自身でした。
毎年、神様への感謝の気持ちに、三住・出雲神社へ奉納を行っているそうです。

←カテゴリーに戻る