白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

ショッピング・買い物

丸慶園
〜自分好みの味を探してみませんか?

丸慶園とは何屋さんか皆さんご存知ですか?
幅広い年代で好まれている『お茶』を売っているお店なんです。
丸慶園の取締役の小林さんにりんとまぁちでお話を聞きに行ってきました(^□^)

こちらは創業から60年程のお店で、『丸慶園』の慶の字は小林さんの祖父(慶三郎さん)の名前から頂いて付けられたそうです。
現在は小林さんとご両親の3人でお店を切り盛りしており、取り扱っているお茶の葉は静岡からの取り寄せで、多いものだと40kgをダンボールに詰めて、信用できる問屋さんから送ってもらうそうです。ダンボールに入れて送ってもらうのは現在の事で、昔は茶箱に入れられて送られてきていました。しかし、茶箱を作る職人さんが少なくなってきた為に今の様になったそうです。
お店に届き、封が切られた物は、お茶箱に入れられ保管されます。

良いお茶っ葉選びも大変な事で、寒波の酷い今年は、平地で採れるお茶っ葉はあまり良くなく、茶畑の近くに川があり、川ぎりの出る様な山の方の物を使用しているそうです。
そして、当初茶卸で、柴田・蔵王・白石の小売店へ卸していたのですが、現在は店頭販売になっています。
その際、必要に応じたグラム数を販売してくれます。丸慶園で取り扱っているお茶は浅蒸しといって、
お茶本来の香りと味が楽しめるようになっているんですよ!!
一言でお茶といっても種類は沢山!!

お茶をふるいにかけた時に出る
茎茶(茎の部分)
芽茶(芽の部分)
粉茶(粉の部分)
げんまい茶(煎茶と玄米をブレンドしたもの)
ほうじ茶(大きい葉、ふぞろいの葉を高温でいったもの)
番茶(大きい葉、ふぞろいの葉)


い〜〜っぱいあるんですよ(*^O^*)
そしてそして、お茶のお供といえば急須。こちらでは急須も売っているんです。

ここで良い急須の選び方を教えちゃいます。
[ポイントその1]
●急須の網を見る。
●自分が飲むお茶の種類で使う急須が異なる。
●帯網の急須は一番万能である。
次においしく飲めるお茶の入れ方です。

[ポイントその2]
●急須にお湯は入れすぎない(目安は半分位)
●急須にお湯を入れたら1分位待つ。
●2つ以上の湯のみを使用する場合、交互に注ぐ。


上記のように良い急須とおいしいお茶の入れ方で、小林さんにお茶を注いでもらっちゃいましたぁ(*´∀`) 旦
見た目が黄色っぽくて、いざ飲んでみると・・・いつものお茶の味とちがぁぁぁう!!
お茶本来のエキスが存分に出ていて、まろやかな口当たり、尚且つこれまで飲んだ経験のない味で、すっごくおいしかったです。
ぜひ皆さんも、いつもと違う味を楽しんでみて下さい。
きっと、お茶本来の旨味が出ていて普段よりもっともぉ〜〜っとおいしいですし、満足できますよ!!(^O^)v
丸慶園
郵便番号989-0257
住所白石市亘理町2-1
TEL0224-26-2073
営業時間9:00〜19:00
定休日日曜日
駐車場あり
ホームページhttp://www3.ocn.ne.jp/~marukei/

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る