白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

ショッピング・買い物

香り工房in蔵王


香り工房in蔵王の代表・大庭善輝さんは、
自家栽培のハーブを使い石鹸・茶葉・オイルなどを作っています。

過去、地方メディア関係などでも取り上げられた事もあるそうです。

49歳の時に香り工房を始め、今は自宅兼工房で石鹸・化粧品の製造、
清水小路の工房で健康食品や漬物・ジャム等を作っています。
石鹸を製造・販売するには、「化粧品製造業」「化粧品販売業」の2つの許可が必要で、
役所の許可が下りるのに4年かかったそうです。

香り工房の石鹸は、油ではなく「石鹸素地」という粒子状の素材を使用して作られています。

素材を溶かし型に流し入れ45日間熟成させて作っている為、固くて溶けにくいのが特徴です。
石鹸にも使われている自家栽培のハーブは
除草剤を使っていない為草刈が大変だそうですが、
無添加で肌に優しい石鹸が出来るので
お客さんへ安心・安全に提供できるとの事です。
現在、石鹸だけで15種類ほどありますが基本となる物は3種類だそうです。
「ハーブ石鹸」1,000円…清涼感・洗浄に効果あり
「紫根石鹸」(茶)1,600円…しみ・くすみに効果あり
・(黒)1,800円…脱臭・クレンジングに効果あり
「シルク石鹸」2,000円…肌のキメを細かくする効果あり


茶葉の一番人気は「菊芋」になります。
菊芋は北米原産で日本に帰化してから100年程経っている植物です。
香り工房の畑で栽培され、水洗い→カット→一次乾燥→二次乾燥→粉末の工程を経て製品化されます。
取材した時に頂いたお茶は「こだわりの健康茶・農家秘伝(13種類のブレンド)」でした。
原料は、ほうじ茶・玄米・ハトムギ・熊笹・レモングラス・桑茶・柿葉
・トウガン・アカメガシワ・松葉・菊芋・ケツメイシ・ドクダミの13種類で、
ほうじ茶をベースにハーブをブレンドした茶葉だそうです。
色・香り・味はほうじ茶ですが、後味にほんのりレモングラスの爽やかな風味があります。

ジャムは、旬の野菜・果物などを使って作っていて季節ごとに楽しめます♪(´ω`人)
工場などで大量生産されているジャムはペクチン等を使い短時間で固めるそうですが、
香り工房のジャムはペクチン等を使わず、時間をかけ煮詰めながら水分をとばし仕上げているそうです。
500円〜1,200円で販売しています。(値段は素材によって違います。)


漬物は大庭さんのオリジナルです!!(@△@)
自家栽培のハーブを使ったハーブビネガーで作っているもろきゅうのピクルスは、
一般的なピクルスに比べパリパリとした食感が残っているのが人気の商品になっているとのことです。
他にもアスパラ・トマトなでも漬けているそうです。
「ピクルス」(袋)450円・(瓶)800円
その他、もろきゅうの辛子漬け・水漬け・らっきょう等もあります。


現在では、約50種類ほどの商品があるそうです。
主な販売場所は、大河原フォルテ内ヨークベニマル脇で
土・日・月曜日の10時〜18時まで営業しています。

その他は、卸売りをしていて白石市内では小十郎の郷・白石城ミュージアム
・県外では池袋ふるさとプラザ・大宮・八王子・海老名市で販売し、
TEL・FAXでの注文もOKだそうです。
興味のある方は、是非お試しください(・ω・)ノシ



香り工房in蔵王
住所白石市松ケ丘2丁目9-8
TEL0224-25-6548




大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る