白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

ショッピング・買い物

高甚製菓株式会社


「駅前のたかじん」
白石では知らない人がいないのではないでしょうか?
皆さんおなじみのお菓子屋さんですね(^ω^)
クリックで拡大

高甚製菓の創業は明治23年。
駅の売店でまんじゅうを売っていたことが製菓業の始まりでした。
現在、高甚製菓は市内に3店舗、大河原に1店舗を展開しています。


買い物に来られるお客さんは店舗によって様々。
駅前店は50〜60代の方やご年配の方、東庵店は小学生のお子さんがいるお母様方、
みやぎ生協内の店舗は食料品の買い物ついでにおやつ感覚で買う方や、男性の方も多く来られるそうです。
東庵店には食事スペースもありますよ♪



「コンビニで買えるようなお菓子ではなく、
地域に関係づけた商品を提供したい」
と話してくださったのは、高橋英雄専務取締役。
ここで、高橋専務が推す、人気の商品を紹介しましょう(^∀^)/

人気bPは、黒糖まんじゅう(1ヶ\80)! 

皮に葛が練り込まれていてふんわりしているのが特徴で、しっとりもちもちの食感がやみつきになります。

一昨年から販売している城主最中(1ヶ\120)オススメ!

白石城の形をした城主最中は、歴史探訪に来られた観光客の方に人気の商品です。

また、「白石道中(1枚\110)」や「銘菓 白石城(1ヶ\105)」など、商品名に「白石」と
入っているものが観光客の方には人気だそうですよ!


これら商品の人気を裏付けるもの、それは "素材へのこだわり"
高甚製菓では製あん会社を介さず、北海道から直接仕入れた小豆を使用し、
東庵店裏の工場であんこを作っています。
生産の効率だけを考えるのではなく、
原料がしっかり見える状態であんこを作ることが、
しっとり感や後味の良さにつながるのだと高橋専務はおっしゃっていました。
和菓子はヘルシーで年代を問わず需要があり、幅広く好まれています。
今後はようかん等も手掛けたいとのことでした。

和菓子商品が売れる中、プリンやロールケーキなど、
価格が手ごろでボリュームのあるものが若いお客さんに人気
なのだとか。

皆さん、おやつにいかがでしょうか(`∀´)?

現在、お店に並んでいる商品は約30種類。
季節限定の商品と入れ替えながら陳列しており、全体では45種類くらいあります。
洋菓子も種類が豊富で、期間限定のものもたくさん置いてあります。

取材に伺った10月は、かぼちゃケーキや栗どらやきなど秋らしいお菓子がたくさん並べられていました。
売れ行きが良くない商品は製造を中止してしまいますが、それを惜しむ人もいるそうです。

高甚製菓は、地元のお客さんがメイン。
市の木・ぶなや市鳥・うぐいすなどを商品名に使用したり、
炉ばたまんじゅうの味噌は森昭のものを使ったりと、白石にゆかりのある商品を販売しています。
また、どうやったら来てもらえるか考え、積極的に情報発信をしています。
以前、東北放送の番組「ぼんやり〜ぬTV」でとりあげられ、
東庵店にはサンドウィッチマンや東北放送の名久井アナウンサーのサインが飾られていますよ!


ホームページをつくり、ネット販売もしていますよ!
是非ご利用ください!


いつものおやつに、特別な日のプレゼントに、
たかじんの美味しいお菓子を選んでみてはいかがでしょうか?




駅前店
住所白石市沢目字沢目15
TEL0224-25-0141
URLhttp://www.e-takajin.co.jp


大きな地図で見る



東庵店
住所白石市東町2-8-29
TEL0224-25-9141


大きな地図で見る



セラビ店
住所白石市八幡町11-1
TEL0224-25-1141

大河原生協店
住所大河原町金ケ瀬字新町尻77
TEL0224-53-5580


←カテゴリーに戻る