白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

ショッピング・買い物

肉・野菜・魚・お菓子・お惣菜、良いもの何でも揃います!

株式会社マルセ商店


昭和33年12月25日創業の株式会社マルセ商店は、
消費者のニーズに対応し「良いものを安く」をモットーに営業しています。
クリックで拡大
訪れると、色とりどりの野菜や果物が私たちの目を楽しませてくれます。

店の奥へ進むと、豊富な種類のお肉やお惣菜、
調味料やレトルト食品などの一般食品
が並びます。


店内を見ていて、まず驚いたのが商品の安さ!!
みかん一箱999円、ほうれん草39円、ひらたけ69円などなど・・・

どれも新鮮で、安いです!!

そんなマルセ商店の魅力と、安さの秘訣を追求すべく、
マルセ商店代表取締役 柳原誠一さんにお話を伺いました。

以前は仙台の大手デパートの食品部にいたという柳原さん。
23歳で独立し、白石でマルセ商店を始めました。
創業から現在まで、朝4時に起床し市場へ向かうことを毎日続けています。
肉は仙台市場、野菜は福島市場で仕入れるため毎朝大忙しです。
市場ではとにかく良いものと、スーパーマーケットであまり並ばないような商品を選ぶそうです。
長年の経験で培ったその目は確かで、例えば取材した日に
店頭に並んでいた菊はとても色鮮やかでイキイキしていました。

柳原さんは、常連のお客さんの好みを把握していたり、
お客さん一人一人に今日は何がオススメか、
何が旬か、何がお買い得かを丁寧に説明してくれます。

これは個人経営店であるマルセ商店ならではのサービスですね。

なお、肉・野菜・魚・お菓子・お惣菜これら全てを扱っている個人経営店は、
白石ではマルセ商店だけなのだとか。

個人経営では経済的に厳しい局面もあるそうですが、
「良いものを安く」のモットーは変わることはありません。
安さの秘訣を伺ったところ、それは「経費削減などの企業努力」なんだそうです。
「何より、良いものを安く提供することを心がけています。
もうけは後からついてくるもの。」

と柳原さんはおっしゃっていました。

マルセ商店の魅力と、安さの秘訣。それは・・・
「地道な企業努力と、お客さんを第一に考えた柳原さんの心掛け」
なのですね。本当に頭が下がります!!

「良いものを安く」のモットーと、お客さんとの繋がりを大切にしているマルセ商店。
皆さんも是非訪れてみてはいかがでしょうか?



株式会社マルセ商店
住所白石市本町77-1
営業時間9:00〜20:00
定休日日曜
TEL0224-26-2984




大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る