白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

ショッピング・買い物

駅前のお花屋さんと言えば…

千田生花店

昭和初期から80年以上続く老舗のお花屋さん、千田生花店に取材に行ってきました!
クリックで拡大

千田生花店は千田さんご夫妻が二人でお店を切り盛りしており、
現在のご主人で3代目。奥様は華道の先生でフラワーアレンジメントの資格を持っており、
白石駅構内には奥様が活けた花が飾られています!
華道家元 池坊の先生方が持ち回り活けているそうで、
2代目店主がボランティアで始めてから、現在まで引継ぎ続けられています。


初代店主の奥様が華道の先生をしており、
活け花用に花を取り寄せその余りを売り物として並べていたことがきっかけで
「生花店」という形になりました。


ご年配の女性の方で固定のお客さんが花が必要な時季に注文に来ることが多いそうです。
また、時々贈り物に薔薇を買いに来る男性の方などもいるそうですよ。


今の季節、お店にあるのは春の花。
スイートピー金魚草ストックチューリップマーガレット
菜の花アイリスなどが並んでいます。
福島県の花市場から仕入れており、花の産地は全国各地です。
薔薇は一年中お店に置いているとのことです (^ω^)


洋花はいつでも入手可能ですが、注文してから届くまでに時間がかかるので
余裕を持って早めに予約されるのがGoodですよ。
お祝いに観葉植物を贈るのもおススメです!


フラワーアレンジには、何十本も取り寄せた中の一番良い状態の花を選び使用するそうです。
花束やフラワーバスケットなど、可愛いフラワーギフトを貰えると嬉しいですよね(´∀`)


以前は学校や会社で華のお稽古事が盛んで需要が多く、忙しかったとのこと。
休みなく働いていたそうです。しかし、現在は華を習う機会が少なくなり、
また葬祭会館やスーパーができてからは個人経営の花屋さんへの注文が激減してしまったそうです。
最近では卒業シーズンに花を買いに来るお客さんも減っているのだとか.......


千田さんご夫妻は花に対して「花は目で見る栄養剤」
「殺伐としているときにこそ花を愛でる気持ちを大切にして欲しい!」という考えを大切にされています。
病気の時や気分が沈んでいるとき、美しい花を見ると心が癒されますよね。



華やかな気持ちにさせてくれる色とりどりの花!
「心を浄化してくれる」そういった意味で花は目で見る栄養剤なのです(^ω^)


最後に千田さんはこのようなお話をしてくださいました。
「ひとつの"道"を突き詰めることをせずに生きる人が多い世の中。
若い人たちはこれから海外などに出て行くときに母国の文化を知らないで恥をかかないよう、
日本の歴史や文化が詰まった"道"を究めてほしい。その過程で色々な経験をし、
可能性や視野を広げることで自分自身の土台を持つことができる

「花(華)」というひとつの"道"を歩んできた千田さんだからこその言葉が心に響きました。


花はあくまで生もの。休む暇がなく扱うのはとても大変です。
しかし、商いは飽きないでやれという教えとここまできた意地があるから
「倒れるまで続けたいと思える」と千田さんご夫妻はおっしゃっていました!



千田生花店
住所白石市字沢目8-4
営業時間9:00〜18:00
定休日日曜
TEL0224-25-1187




大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る