白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

トラベル・観光

きゃっするくん(白石市民バス)と小原の巻

ある日・・・
よっしーまぁち。が話していました。
まぁち。:「きゃっするくん」・・・走っているのはよく見るけど、あたし乗ったことない。よっしー、ある??
よっしー:ないねぇ。発車時刻も分かんないし、どこに停まるとかも分かんないし。
まぁち。:だよねぇ。じゃぁチョット調べてみようか!
よっしー:そうしよう!!
ということで、きゃっするくんの運転手さんに訊いてきました。・・・その前にきゃっするくんの紹介をいたしましょう。

≪事業実施までの経緯≫
路線バスと患者輸送バスの運行に関して
  • 運行経路の非効率性(路線バスと患者輸送バスの重複
  • 受益者負担の格差(距離別運賃の路線バスと無料の患者輸送バス)
  • 利用規制(患者輸送バスは通院者に限定)
という問題が生じていました。
これらの改善策として、患者輸送バスと路線バスを統合し、「白石市民バス」として平成17年4月から運行を
開始しました。
≪運行日≫
平日(土・日・祝・年末年始除く)
※一部の路線は、週1日〜2日の運行

≪運賃≫
一般:200円
70歳以上、高校生:100円
中学生以下、障害者:無料

≪運行車両≫
現在8台

≪運行路線≫
9路線「福岡線」「三本木線」「大網線」「白川線」「薬師堂線」「越河線」「白角線」「大張線」「小原線」
ふむふむ。なるへそ。
きゃっするくんの運行路線で観光するのに良い路線はありますか?
「そうだねぇ・・・小原の辺りとかいんでないがい?10月末〜11月初めにかけて紅葉が見ごろだね。新湯から小原温泉へ続く遊歩道とかいんでないがい?」

(温泉?わくわく♪遊歩道?うきうき♪)
ありがとうございます!!
後日、まぁち。と白石駅10:38発の小原線に乗って・・・

クリックで拡大
新湯10:54着 ここから遊歩道スタート

川
紅葉にはまだ早かったですね。

落石注意
落石注意

橋
川を渡りました。

赤いたいこ橋
赤いたいこ橋

滝
マイナスイオン

温泉の湯気
岩の間から温泉の湯気が出ている。

山道
山道だね。

桂沢の滝
桂沢の滝

川のせせらぎ
川のせせらぎ

川
対岸にかつらの湯が見えてきました。ゴールまでもう少し。

休憩
阿舎でゆっくり景色を眺めて・・・

吊り橋
吊り橋

景色
吊り橋からの景色

アジサイ
アジサイが咲く頃にも来たいです。

なぞの花
ゴール直前。この花はなんて花?

ゴール
ゴール!!お疲れ様で〜〜〜す!!実はこちらからも行けます。
さて、吊り橋のところにこんな看板が・・・。

よくごさったない
「よくごさったない」よく来たねってこと。こちらは『かつらの湯』さきほどチョロっと出ましたが・・

かつらの湯 かつらの湯 管理人
かつらの湯の管理人の「高橋 吉久さん」とても親切にお話してくださいました。
ちょうど今、誰も入ってないということで、写真を撮らせていただきました。

男湯
男湯
男湯には源泉が飲めるように升が置いてありました。

女湯
女湯
見ての通りかつらの湯は岩風呂なのですが、木を使用している部分は真ん中一本だけ米松で、あとはヒノキだそうで、とってもいい香りがしました。

管理人室
管理人室の横はなんだかとっても賑やか。たくさんのお話ありがとうございました。
続いて・・・スパッシュランドパークに足を延ばしてみました。

地図
一年を通して四季折々の花を楽しむことができます。

芝桜
ただ今「芝桜」の手入れ中

景観
春に「芝桜」のじゅうたんが一面に広がり、県内一の景観です。

休憩所とトイレ
休憩所とトイレを併設した施設
立派な藤棚が太陽の光をやわらかい日差しに変えてくれます。花が咲く頃はもっと素敵に彩られるでしょうね。

十月桜
「十月桜」が咲いていました。
「十月桜」とは・・・バラ科サクラ属の落葉小高木で花は中輪、八重咲きで淡紅色
開花期は4月上旬と10〜12月 10月頃から咲き始め、翌春にも咲く、年2回花を咲かせる珍しい桜です。

冒険と遊びの苑地 冒険と遊びの苑地
「冒険と遊びの苑地」子供たちだけでなく家族で楽しめます。

ルール
守ろうね。

地図
ねぇ、次はどこ行こう?

スパッシュランド大吊橋 スパッシュランド大吊橋
スパッシュランドパークとスパッシュランドしろいしを結ぶ「スパッシュランド大吊橋」

景色 景色
吊り橋からの景色

よっしー:歩き疲れた!!
まぁち。: 疲れたね。では、お待ちかねの温泉☆入りに行きましょうか♪
よっしー:行きましょう!!!
こうしてゆっくり温泉に浸かり、小原温泉15:59に乗って帰路につきました。
あ!
私たちお弁当持参だったのでスパッシュランドパークのベンチで食べましたが、スパッシュランドしろいしのレストランが14:00まで営業しているので、そちらで食べることもできますよ。
下の写真は「かつらの湯」の管理人 高橋 吉久さんから提供していただきました。

紅葉の碧玉渓 冬のかつらの湯
紅葉の碧玉渓&冬のかつらの湯

←カテゴリーに戻る