白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

トラベル・観光

田村神社・甲冑堂・孫太郎虫

斎川の田村神社・甲冑堂へ行ってきました。今回のリポートはよっしーまぁち。です。
地図クリックで拡大
斎川は旧宿場町、斎川宿でした。
桜並木
斎川宿の看板と道路わきの桜並木。春には桜のトンネルが迎えてくれます!
入口
坂上田村麻呂が祀られている神社甲冑堂孫太郎虫が有名です。
由緒
田村神社の由緒
斎川 斎川 斎川
1200年ほど昔、斎川周辺の村では鬼(=山賊)が旅人を襲い、周辺の村の食料を奪い、年頃の娘をさらったりと村人たちはほとほと困り果てていました。そこへ、坂上田村麻呂が東征のため通った際、その鬼を退治し、村人へ農業などたくさんの教えも残して旅立ちました。その行いが神様以上にたいへんありがたかったため、村人は田村麻呂への感謝をこめて祠を建てて祀りました。
その鬼退治の際に付いた血を洗い流した川を、『斎(=からだをきよめる)川』とし、その地も「斎川」と名付けました。
田村麻呂に贈られた馬
田村麻呂に贈られた馬(白馬)も祀ってあります。鬼退治の時、田村麻呂の馬は馬牛沼へ沈みました。その後東征に旅立つ際、村人が新しい馬(白馬)を贈ったとことから田村神社にはその馬も祀られているのです。

境内や神社周辺の田村麻呂に関係するもの。
衣掛石
衣掛石・・田村麻呂が禊(みそぎ)のときに衣を掛けた石。
鬼ずるす石
鬼ずるす石・・神社東に、鬼が人をすって食べたといわれる石。
人喰沢(剥沢)・・鬼が人を食べた沢
鐙摺石・・大きな石があって、馬のあぶみが擦るくらい狭い道という意味
虎岩
虎岩・・斎川宿に旅人を留めるために、細い街道に何度も岩を落として通行できなくしたという岩。→通行できなければ、斎川宿に泊らざるを得ないため。というのも、もう少し歩けば白石市内のにぎやかな街があるため、斎川宿のような小さな宿場町はなかなかお客が来なかったそうです。
甲冑堂
甲冑堂
楓と初音
甲冑姿の二人の女性の像が安置されています。その女性は約800年前の源義経の家来の佐藤継信・忠信兄弟の妻、楓と初音。二人は、継信と忠信の母親が兄弟の戦死を悲しみ嘆いているのを慰めるため、形見の甲冑を身につけて「ただいま凱旋したでござる」と玄関に立った、というはなしです。それが後々、全国的に大変有名になり、文亀年間(約500年前)佐藤左ヱ門亮信治によって建立されました。明治8年放火により焼失。昭和14年再建落成。再建のとき、像は青葉城の伊達正宗騎馬像を作ったことでも有名な彫刻家 小室達(とおる)が作成。宮城県柴田郡柴田町出身、旧制白石中学(現白石高校)卒業。像はクスノキの一本彫で作られています。
後ろの屏風の画にも意味があります。左の梅の木(花)は妹の初音のこと、右の楓の木は姉の楓、中央は二羽の鳳凰で戦死した二人の兄弟を表わした画ということです。
手前の2人の像に目が行きがちですけど、後ろの屏風も深い意味がありますので、立ち寄った時は忘れずに見てくださいね!
☆まぁち。の疑問!
Q.なぜ斎川、田村神社の境内に甲冑堂が建てられたの?
A.楓と初音のおはなしは福島県福島市飯坂でのできごとですが、なぜ斎川の甲冑堂に安置されているのでしょうか。
それは、当時飯坂は源頼朝の支配下にありました。頼朝の勢力下では、義経に仕えた人物たちを法要することが難しかったためでした。そのため、継信・忠信の御墓は石を並べただけかたちのもので、医王寺にあるそうです。継信・忠信の母は岩手県平泉出身。義経の没地も平泉となっていることから、平泉には由緒あるものが多い。医王寺・平泉にも多くの歴史が残されていることでしょう。
孫太郎虫
孫太郎虫
由来
由来
虫取りスタイル 虫取りスタイル
虫取りスタイル
資料館には当時の孫太郎虫に関する資料がたくさん残されています。

昔から小児の疳の虫に効くことで重宝されていた孫太郎虫。成虫はヘビトンボ。3年間、川の中で幼虫の姿で過ごし6月に成虫になります。幼虫の頭は赤いもの、黒いものがいます。

☆まぁち。の疑問!
"Q.疳の虫って一体何の虫??
A.昔は、肉を食べる習慣もなく、良質なたんぱく質などの栄養を十分に摂ることができませんでした。そのため、疳癪や夜泣きなどをする子どもが多く、このことを疳の虫が騒ぐと言っていたのです。これによく効くとされたのが、孫太郎虫(動物性たんぱく質の補給)でした。孫太郎虫は大変栄養価も高く滋養強壮であったので、これを食べることで栄養不足が解消されて、子どもの疳癪も治まるということでした。戦後、昭和40年ごろまではよく売れました。だんだんと栄養の良い食事もできるようになっていき、サプリメントなども出回るようになって、子どもの疳の虫も減ったことで、需要が減りました。また川が汚れたことで現在は昔ほどいなくなり、現在は斎川孫太郎虫の販売はしていません。
郷土館には、昔のお金や、石器、脱穀機など今では珍しいものがたくさん置かれています。
郷土館 郷土館 郷土館 郷土館 郷土館 郷土館
松の木
御手植えの松・・明治44年、明治天皇の弟、有栖川宮様が訪れた際に植えられた松の木。

私たちがお邪魔した日も、団体さんの予約が2件あり、大きな観光バスが訪れていました。
全国から観光に訪れる有名な田村神社・甲冑堂でした。

←カテゴリーに戻る