白石の妖精ぴち

ふるさとイキイキだより

ふるさとイキイキぶろぐ

白石市リンク集

トラベル・観光

宮城蔵王キツネ村



今回の取材は宮城蔵王キツネ村♪
なんと!!キツネ村では生後1年以上のキツネ達を放し飼いしているんです。
可愛いキツネに癒されてきましたよヽ(´ω`*)


到着して直ぐ目に付いたのは…ゴリラ……場所間違えた!!Σ((OДO)

クリックで拡大
そんなことは、ありません( ̄^ ̄)/
ちょっと驚きましたが、ここがキツネ村です。


中へ入り、まずは受付で施設を回るときの注意事項をよく聞きます(>‐<)ノシ
※キツネ村のキツネ達は人慣れしていて、立ち止まっていると寄って来て噛みつく事もあるので、
なるべく立ち止まらないで下さい。
(警戒心が強い生物なので、その時はコチラが動くと逃げていきます。)
※落し物をすると、キツネが持って行き土に埋めてしまう事があるので気を付けて下さい(;x;)
※ショルダーバックなど、ぶら下げる物は前に持つようにして下さい。


さて、これを踏まえていよいよキツネとご対面♪o(゚▽゚ヽ)(/゚▽゚)o♪

まず、生後1年未満の子ギツネ達が、放し飼いせずに飼育されていました。
モフモフおっぽ可愛すぎo(≧▽≦)ノ゛
その他、鎖に繋がれている3頭もいて、この3頭はスタッフの方にお願いすれば触ることができます♪
もちろん、触らせて頂きましたよヾ(〃^∇^)ノ

わりと大人しくて、触り心地もバッチリ(゚∇^d)
ただ、スタッフの皆さんはキツネを捕まえて予防注射をしたりするので警戒されていました(汗)
ちなみに、野生のキツネは人に寄って来ることはありません。
檻に入っている子達は今年の春に生まれた子ギツネで、約1年間は放し飼いせず飼育するそうです。

放し飼いしているキツネを見に入口をくぐると、早速まるまってヌクヌク寝ていましたzzZ

起きているキツネは近寄ると逃げますが、ジッとしていると戻って来たり…
人間に興味はあるけど警戒して近寄れない感じがまたカワイイヾ( 〃ω〃)ツ

スタッフの方にキツネは穴を掘ると聞いた通り、自分で掘った穴なのかな…?
お尻をスッポリはめて寝ていました♪


中を進むと狐展望岩という大きな岩があり、岩の上にはキツネの石像がチョコンと乗っています。

狐展望岩とは、昔キツネの家族が毎年交代で巣穴として使っていて
出入口は10ヶ所以上あり、猟師が来ても一匹も捕まらなかったといわれているそうです。

※詳しくは、施設内の立て看板に書いてあります。


更に中を進むと、稲荷神社があり名刺が沢山貼ってありました。
多くの人が、お参りしてるんですね(*´ω`)♪



一通り施設を回ったところで、スタッフの方に詳しくお話を聞かせてもらいました♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)♪

キツネ村がオープンしたのは平成2年4月で、現在22年目になります。

昔はキツネの毛皮を取る為に飼育していましたが、毛皮の価値が暴落したことと
キツネの繁殖が難しかったことから、当時飼育していたキツネ達を一時的に山で飼うことにしたそうです。
暫くして、山に飼っておくだけじゃ勿体無いと、少しでも多くの人にキツネ達を
見てもらおうと思ったのがきっかけで「キツネ村」が出来ました。

キツネの放し飼い・繁殖をしているのは日本で「宮城蔵王キツネ村」しかなく、
観光施設なのは勿論『天才志村動物園』
『映画:子ぎつねヘレン』などメディア関係にも出演・提供しているそうです。

現在キツネ村では「北キツネ」「北極ギツネ」「銀ギツネ」
「青ギツネ」「十字ギツネ」「プラチナギツネ」の6種類を飼育中ヾ(・ω・o)

見た感じ犬に似てると思ったら、キツネは「イヌ科」だそうです。
嗅覚・聴力は犬と同じですが、ちょっと賢さが足りなくて人と
生活を共にする動物になれませんでした・・・残念 (ノд-。)クスン

キツネは夏が苦手で「北極ギツネ」は紫外線で目が見えなくなってしまうこともあるそうです。
かわいそうo(TヘTo)
しか〜し!!逆に冬は活発になるそうです。
あの「モフモフ」の毛があるからかな〜σ(・ω・)

活発になると言えば、特にエサの時間!!
キツネ達は、だいたいエサの時間が分かっているということと
エサ小屋からの匂い・準備している音で騒ぎ始めます。
食事よりケンカが優先らしく…同室のキツネ達は「ギャーギャー」鳴いてケンカを始め、
スタッフさんに怒られていましたσ(^_^;)
エサの前からケンカを始めるみたいです(−△−|||)
キツネのケンカは、お互いの口を開けて歯を見せ合い、牙の大きさで勝負がつきます。

でも、同室で飼われているキツネ達は年齢が近いので牙の大きさも殆んど変わらず
取っ組み合いのケンカが続き、なかなか勝負が付かないそうです。
結果、ケンカに負けて耳が無くなっているキツネも数頭見かけました。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
野生のキツネはイヌ科ですが、群れずに単独で行動する為出会っても牙の大きさが違い、直ぐに勝負がつきます。
なので、普通は血が流れるケンカはしないそうです。
皆さんが知っているような『コンコン』という鳴き声は、
子ギツネが鳴いているか交尾の時期のキツネ(交配時期は冬)だそうです。

やっぱり、見に行くなら冬がオススメ(。-ω-)b
観光には、大阪・九州など遠方から来てる人もいます。
その他、キツネファンの人は何度も来ているそうです。
ただ、路線バスなどが通っていないので白石市内からタクシーを使うと
往復で約7.000円になり交通の不便さがあります。
スタッフの皆さんも悩んでいました。
キツネ村は白石市内から車で約15分、意外と近くにありました\(◎o◎)/!
キツネの他に、ウサギ・ヤギもいますので見て触って癒されてみてはいかがでしょうか? ヽ(´ω`*)



宮城蔵王キツネ村
住所白石市福岡八宮字川原子11-3
TEL0224-24-8812
入場料大人700円・子供400円
営業時間9時〜17時(冬季〜16時)
定休日年中無休(雨天時も営業)
駐車場有り

大きな地図で見る

←カテゴリーに戻る